京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年5月28日

株式会社 谷テック

株式会社 谷テック

地域:山城 / 綴喜郡
業種:24:金属製品製造業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

インテリア
医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
建築
自動車関連

我社の仕事

弊社は金属切断用丸鋸のメタルソー・チップソーや、それを用いた切断機(メタル切断機、チップ切断機、全自動切断)、更に面取り機、研削盤を製造しています。切る事は、あらゆる製品加工の第一歩です。そして、その第一歩でつまずくと、そのあとの工程にも影響がでます。その大事な一歩を全力でサポートする事が、製造業全体への貢献にもつながっていると考えます。また、「切る」と一言で言っても、早く切る、綺麗に切る、静かに切る、精度良く切る、難削材を切る・・・など、お客様のニーズは一人一人異なります。そんなお客様一人一人のニーズに真摯に耳を傾けて参ります。そして、お客様が私たちの製品を使う事によって直接的にも間接的にも環境に配慮したモノづくりに関わっていきたいと考えます。
「切る事」を通じて持続可能な社会の実現に貢献することが、私達の願いです。

株式会社 谷テック 自慢の逸品

自慢の逸品

<世界最薄・最小ピッチのレーザーチップソー> 産業界では自動車部品、鋼管加工などは自動車の軽量化と美しいフォルム形成のため、材料の高張力(ハイテンション)化が進み、複雑な形状が主流になり、切断を行う丸鋸にも負担が多くなっています。当然、切断を行う丸鋸にも負担が多くなっています。これらの要求を解決するためにレーザービームソーが誕生しました。「美しい切断面」「切断スピード向上」「歩留まりの向上」「切断量の向上」など多くの効果が続出しています。 【適応材料】ハイテンション鋼 (ハイテンションパイプ)、マフラー・自動車部品、サッシュ・フレーム・モール 等/薄肉パイプ・薄肉型材など振動しやすい被削材/ハイテンション材・ステンレス鋼などの難削材/メタルソーでは切断困難な高張力鋼など

株式会社 谷テック 技術者の思い

技術者の思い

<全自動切断機SAシリーズ>近年、ハイテンションパイプの用途は自動車産業や家具製造などで、地球温暖化防止策として世界的な広がりを見せています。
材料の削減と低燃費化の為、厚肉パイプや中実材を薄肉のハイテン材に置き換え、強度と安全性を損なわずに軽量化が可能となり、自動車の車体(シャーシ)や衝突緩衝材(インパクトビーム)に多く使用されるようになりました。そのため、レーザービームソーを用いて大物の難削材や難加工材の全自動切断機を開発いたしました。これからも世界中のご要望に答えるべく色々な材料の切断にチャレンジしていきたいと思います。

製造プロセス

株式会社 谷テック 製造プロセス1

01レーザー刃切り

レーザー加工機にて、鋼材を精度良く一枚一枚鋸刃の形状に切り出していきます。
最大2000mmの外径まで加工できます。

次の工程
株式会社 谷テック 製造プロセス2

02研磨

最新のNC研磨機によって、10μの厚み交差で、親板の厚みを均一に研磨します。
この均一さが、最高の切れ味に大きく左右する重要な工程です。

次の工程
株式会社 谷テック 製造プロセス3

03ロウ付け

刃となるチップを、ロウ付けという手法を用いて接合します。銀ロウを高周波で加熱して、チップと親板(シート面)の間に流し込む事により、切断時の負荷に耐えられる強度に接合します。接合したチップは、全刃モニター検査し、銀ロウの流れ状態や接合の不具合がないかのチェックを行います。

次の工程
株式会社 谷テック 製造プロセス4

04歪(ひずみ)取り・腰入れ

鋸刃の性能を発揮する為に欠かせない工程です。熟練の作業者により、鋸刃にハンマーリングを加え、1枚1枚丁寧に歪の修正を行います。また、同時に腰を入れる(鋸刃の中心を伸ばす)事で、高回転で使用する鋸刃に寿命、切断精度共に、ベストなパフォーマンスを与えます。

次の工程
株式会社 谷テック 製造プロセス5

05刃先研磨

切れ味や鋸刃寿命を決める重要な工程です。専用の研磨機を使用し、熟練した作業者によって、確実に精度良く刃先研磨が行われます。

株式会社 谷テック 使われている場所

06どんなところに使われているの?

自動車用部品、家具のパイプ等の切断工程に使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社 谷テック ものづくりを支える仕事

検査

全ての刃をモニターで検査しながら、刃のチッピングの有無や外観上の不良を検査します。その後、刃型形状や、外径寸法を測定し、記録します。記録したデーターは、将来の刃型の改良や寿命アップ、コストダウンへの提案へと繋げます。

株式会社 谷テック ものづくりを支える仕事

再研磨

ユーザー様よりお預かりした鋸刃を、一枚一枚丁寧に、確実に再研磨を行います。新刃の状態や切断パフォーマンスを再現できる様に、鋸刃メーカーとして万全の品質管理の下、再研磨サービスを行います。

株式会社 谷テック ものづくりを支える仕事

金属切断用ハンディーカッター

弊社のメタルソー・チップソー・レーザーチップソーを使用した業界標準となっているハンディー切断機です。

株式会社 谷テック ものづくりを支える仕事

自律創造型社員の育成

「いい会社にしよう!いい暮らしをしよう!」を合言葉に、約20の評価項目について、会社の評価を得た社員に対して社内通貨であるCL(クローバー)を支給する仕組みを採用しています。

会社概要

事業内容 :金属切断用丸鋸の開発・製造・販売及び関連機器の開発・製造・販売
設立 :1953年10月
代表者 :代表取締役社長 谷 康平
所在地 :〒610-0261  京都府綴喜郡宇治田原町岩山釜井谷21番30
電話番号 :0774-88-5001
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ