京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年12月6日

株式会社CAPABLE

株式会社CAPABLE

地域:南区
業種:26:生産用機械器具製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
検査機器
自動車関連

我社の仕事

1000分の2~5mmの交差が要求されるため、超精密金型と云われる半導体封止金型。当社は半導体封止金型の他に、LED、電子部品、電子機器用金型の設計・組立製造及び販売(輸出)をグローバル事業展開しているファブレスメーカです。日本の金型メーカが受注減で廃業が相次ぐ中、当社は日本の金型メーカと連携し、新たな市場を開拓・提供するとともに、日本の優秀な金型技術の発展と雇用の拡大を目指し、4年後には株式公開を目指しています。

株式会社CAPABLE 自慢の逸品

自慢の逸品

半導体モールド工程とは、半導体チップや内部配線を外部からの応力、湿気、汚染物質等から守るため、熱硬化性樹脂を用いて半導体チップをパッケージ封止をする工程であります。数mm角の半導体パーケージ内には、径10数μm(1μm=0.001mm)の金線が1000本も張り巡らされており、この中の1本たりとも切断やショートせず、なおかつボイドレスかつフラッシュレスで緊密なパッケージに成型する必要があるため、半導体樹脂封止用金型には独自のノウハウと高度な技術力が求められます。当社には、永く培った経験と高い見識を持つ金型設計者と製造技術経験者が集って設立されたベンチャーであり、お客様ニーズやお困りごとを解決させる「Solution Provider」として、高付加価値製品を生み出しています。

株式会社CAPABLE 技術者の思い

技術者の思い

半導体は「薄く・軽く・小さく」をテーマに日進月歩しています。また、半導体パッケージは、最終アプリケーションでの用途に応じて、耐熱、放熱、耐水、耐震性等の様々な機能が必要とされています。このような様々な制約がある中で、樹脂注入口、流動経路、空気抜きの位置等を充分に検討しながら、ミクロン単位の交差を要する金型を設計しています。樹脂の未充填、樹脂漏れ、気泡巻き込み、ひび割れ、バリ、反り等の多くの課題があるだけに、これらを克服して、綺麗に成形された半導体を見てお客様が喜ばれたときは、やりがいを感じられます。

製造プロセス

株式会社CAPABLE 製造プロセス1

01マーケティング

ベンチャーながら、我々は業界のベテランが集って設立された会社。口座開設の障壁を乗り越え、世界の大手半導体メーカーや半導体製造受託会社をお客様として取引させて頂いています。

次の工程
株式会社CAPABLE 製造プロセス2

02設計

超精密金型分野の豊富な経験と実績を有する金型設計者はお客様の困りごとをお聞きして、生産技術の改善につながる提案を盛り込んで、歩留まり向上や生産効率に寄与できる金型を提案し、設計をしていきます。

次の工程
株式会社CAPABLE 製造プロセス3

03生産

金型一式またはブロック単位に分割して国内パートナーに製造委託しています。
北海道から鹿児島県までの50社弱のパートナーと提携するが、ミクロン加工を担う会社は不足気味。高難度加工に挑まれる会社には技術指導でサポートしています。

次の工程
株式会社CAPABLE 製造プロセス4

04組立・検査

納入された金型部品は受入検査を経て当社で組み立てます。組み上げた金型と、お客様提供の樹脂を用いて成形し、その成形サンプル品の寸法等も検査します。

次の工程
株式会社CAPABLE 製造プロセス5

05出荷

金型および成形サンプル品ともに合格となれば、CAPABLE名にて製品保証し、お客様に出荷していきます。海外のお客様の場合、煩雑な輸出手続や為替手続き等も勿論、当社で行います。

株式会社CAPABLE 使われている場所

06どんなところに使われているの?

当社の金型で半導体やLEDが作られ、最終的にはスマホ、PC、タブレット、車そして照明器具に組み込まれていきます。

ものづくりを支える仕事

株式会社CAPABLE ものづくりを支える仕事

営業部門

お客様は世界の半導体メーカーやOSATと呼ばれる半導体製造受託会社です。半導体後工程の集積地域は台湾、東南アジア、韓国、中国であり、我々の営業・マーケティング活動の舞台となります。

株式会社CAPABLE ものづくりを支える仕事

設計部門

当社はお客様の困りごとの解決に繋がる技術提案を積極的に取り組んでいます。納めた金型の状況も確認し、次に繋がる商品提案を行うべく、設計部門は営業と一体となって取り組んでいます。

株式会社CAPABLE ものづくりを支える仕事

組立・検査部門

提携する協力パートナーから納入された部品・パーツを検査し、自社工場内で組み立てていきます。

株式会社CAPABLE ものづくりを支える仕事

間接部門

総務、人事、経理、情報システムも含めて、オールラウンドに業務を受け持っています。

株式会社CAPABLE ものづくりを支える仕事

社名

社名の由来は「Companies are proud of being appreciated by its loyalty and enthusiasm」の頭文字。「誠意と熱意を評価される事を誇りに思う会社」と訳され、これを社是としています。

株式会社CAPABLE ものづくりを支える仕事

企業理念

全世界のお客様求める高精度の金型を供給するのみならず、お客様の抱える金型の様々な問題に対するソリューションを提供するため、日本の中小金型メーカーと連携し、彼らに新たな市場を提供するとともに、日本の優秀な金型技術の発展と雇用の拡大を目指していく。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

金型 | 半導体 | ファブレス | 熱硬化性樹脂 | モールド | バリ | LED

会社概要

事業内容 :精密金型の設計、製造
設立 :2012年7月31日
代表者 :代表取締役 河原 洋逸
所在地 :〒601-8111 京都市南区上鳥羽苗代町16番1号
電話番号 :075-634-8405
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ