京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年11月7日

株式会社TOP

株式会社TOP

地域:宇治市 / 山城
業種:18:プラスチック製品製造業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
家電
携帯機器関連

我社の仕事

私どもは最先端の電子部品を製造している会社です。製品としては、スマートフォン、タブレット、デジタルカメラ、パソコン、自動車関連部品等のコネクター部品でございます。ミクロン、サブミクロンの精度を要求される世界の中、超精密金型、成形製造で国内でも数少ない技術集団です。国内の企業が海外へシフトする中で、我々の技術は海外に誇れる技術集団となるべく、さらなる磨きをかけて飛躍を考えております。

株式会社TOP 自慢の逸品

自慢の逸品

弊社の最先端技術を駆使したミクロン精度の部品で製作した、ボードtoボードコネクタ、FPCコネクタがスマートフォン、デジタルカメラ、パソコンなどの最新機種に採用されております。

株式会社TOP 技術者の思い

技術者の思い

自社設計、自社製作~金型図面から樹脂部品製作まで~ を基本として、設計による金型製品のより機能的な構造を目指す。限りなく不良率0%へ向け、工夫改善を実施する。顧客の要望に応えるべく、コスト・納期・品質に関して100%の顧客満足を目指す。

製造プロセス

株式会社TOP 製造プロセス1

01金型設計

最先端の3DCADを駆使して加工者に理解できるよう、図面に立方図を掲載しております。

次の工程
株式会社TOP 製造プロセス2

02金型加工・組立

機械加工は最先端の機械を導入しミクロン・サブミクロンの加工を実施しております。金型の組立は一つ一つの部品精度が重要で且つ、部品が細かい為、ピンセットによる作業になります。

次の工程
株式会社TOP 製造プロセス3

03射出成形

超精密金型の成形は、製品も細かく製品捕獲が難しく確実に製品が掴める技術を駆使しております。品質保証の為、画像による検査も実施しております。

次の工程
株式会社TOP 製造プロセス4

04検査・メンテナンス

製品は、拡大顕微鏡による検査を実施しております。金型も、高温高圧による成形となる為、ショットを限定させてメンテナンスを実施しております。

次の工程
株式会社TOP 製造プロセス5

05出荷

超精密計量器を駆使して安定供給を行っております。

株式会社TOP 使われている場所

06どんなところに使われているの?

スマートフォン、デジタルカメラ、パソコンなどに使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社TOP ものづくりを支える仕事

金型工場

放電加工機、ワイヤー放電加工機、研削盤などの金属加工機でミクロンオーダーの金型部品の加工を行います。

株式会社TOP ものづくりを支える仕事

成型工場

30Tonまでの小型射出成形機を25台で、超精密射出成形を行っております。

株式会社TOP ものづくりを支える仕事

品質保証

ISO9001を取得しており、品質保証体制も万全です。

株式会社TOP ものづくりを支える仕事

再利用

射出成形時に作られるスプール、ランナー(製品以外の捨てる部分)も再利用するため、粉砕し、再ペレット化して再利用します。環境にやさしい企業です。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

コネクタ(コネクター) | FPCコネクタ | 射出成形 | ISO9001

会社概要

事業内容 :プラスチック射出成形品の設計・開発及び製造/射出成形用金型の設計・開発及び製造
設立 :1988年7月1日
代表者 :代表取締役 月野 年英
所在地 :〒611-0042 京都府宇治市小倉町春日森32
電話番号 :0774-24-5525
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ