京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年7月2日

相互車体株式会社

相互車体株式会社

地域:久世郡 / 山城
業種:31:輸送用機械器具製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

自動車関連

我社の仕事

我社は車体製造の老舗であった相互車輛株式会社より事業を継承し、平成24年8月に「相互車体株式会社」として30名の仲間ともに新たな船出を迎えました。「伝統を継承し新たな創造を常に追求するものづくり」をスローガンに掲げ事業を継続・発展させております。様々なトラックボディや競走馬輸送車のボディ等、お客様のご要望に「フルオーダー」でお答えする製造会社です。「お客様の声に真摯に耳を傾け、ニーズを吸い上げてカタチにする」「日本の物流の一翼を担うべく、お客様のより良きパートナーとして認められる仕事をする」それが私共の願いです。

相互車体株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は競走馬の輸送会社からご注文を頂いた「競走馬輸送車」です。国内でも3社ほどしか製造していません。お客様は常日頃馬の輸送環境を少しでも改善しようと奮闘されており、そのお仕事を支えるべく「日々改善」で製造に取り組んでいます。この車には競走馬だけでなく複数の調教師の方々も乗車され、7時間以上の長時間を移動することもあります。どのような競走馬でも快適・安全に、また調教師の方々にもより快適に休息頂ける環境を提供するため様々な工夫と技術を盛り込んでいます。

相互車体株式会社 技術者の思い

技術者の思い

我々の仕事は「仕事をする車」を製造すること。お仕事を頂くお客様はその車で「ご商売」をされているのです。ということはお客様の業務のお役に立てるよう、ボディをコーディネートできなければなりません。「もの」の積み降ろしや固定方法等、お客様の立場に立った「日々改善」を常に意識しています。そのためには、材料の知識はもちろん、金属加工、木材加工、溶接、塗装、設備工事等の幅広い知識とスキルを要求されますが、そこが技術者の腕の見せどころです。若い人にとっても、いろいろな経験をして実力をつけることができる素晴らしい職場だと思います。

製造プロセス

相互車体株式会社 製造プロセス1

01打合せ、設計

お客様やトラックディーラーと打合せを行います。お客様の要望をお聞きし、ボディの仕様を決定します。決定した内容を元に製造図面を作成します。

次の工程
相互車体株式会社 製造プロセス2

02ボディの土台製作

必要な資材を仕入れ、ボディの製作に入ります。
図面を元にトラックのシャーシに合わせて、ボディの土台を作ります。

次の工程
相互車体株式会社 製造プロセス3

03ボディの製作

シャーシとボディの土台をドッキングし、製作指示に従い各部品を取付けボディを組み上げます。

次の工程
相互車体株式会社 製造プロセス4

04塗装

近くにある第2工場に車を移動し、塗装を行います。

次の工程
相互車体株式会社 製造プロセス5

05仕上げ・検査・納入

必要な装置や設備を取り付けて、仕上げ・検査を行います。
最後に寸法と重量を計り、仕様どおりに完成していることを確認してからお客様に車を引渡します。

相互車体株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

街で活躍している、様々な「仕事をする車」を製造しています。
写真は 左上:標準アオリ欄干付、右下:クレーン付アルミブロックアオリ

ものづくりを支える仕事

相互車体株式会社 ものづくりを支える仕事

第1工場①

主力製品のトラックボディの製造工場です。

相互車体株式会社 ものづくりを支える仕事

第1工場②

隣では、競走馬輸送車のボディを製造・修理しています。

相互車体株式会社 ものづくりを支える仕事

第2工場

塗装を専門に扱う工場で、新車に限らず修理車・中古車の塗装も行います。

相互車体株式会社 ものづくりを支える仕事

食堂

昼食時の風景です。
こちらで毎日楽しく食事をしています。

相互車体株式会社 ものづくりを支える仕事

リクレーション

社員間のコミュニケーションUPを図るため、夏にはビアガーデン大会、冬には社員旅行や忘年会など親睦会も盛んに行っています。

会社概要

事業内容 :トラックボディの架装、塗装、修理、改造、部品販売(平ボディ、競走馬輸送車等)
設立 :2012年8月
代表者 :代表取締役 澤田 幸彦
所在地 :〒613-0036  京都府久世郡久御山町田井新荒見124-1
電話番号 :0774-41-3463
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ