京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年6月16日

藤井絞株式会社

藤井絞株式会社

地域:中京区
業種:11:繊維工業
50音:ハ行

どんなところに使われているの?

日用雑貨
衣料

我社の仕事

藤井絞では京鹿の子絞、有松鳴海絞を中心に伝統的工芸品の技術を駆使して世界で一点のオリジナル商品を生み出しています。京鹿の子絞を産業として未来に繋ぐべく、さまざまな国・文化・ブランドとの協業を模索し新しい世界観を作ります。

藤井絞株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

従来からの商品に加え、お客様のニーズこたえる図案や商品を100年を超える歴史の中で日々創作しております。振袖、訪問着、名古屋帯、着尺、襦袢はもちろん、七五三のための子供きものや綿麻浴衣、そして弊社が独自に意匠の制作に取り組む雪花絞や羽裏などのオリジナル商品も手掛けています。

藤井絞株式会社 技術者の思い

技術者の思い

絞染の工程は多岐に渡り、それぞれ卓越した職人による技術の結晶です。分業により高度で緻密な表現を可能にしています。職人の高齢化により絞染の技術継承が困難になっており、ここ数年で出来なくなる技術も出て来ています。貴重な技術を残し産業として未来へ残したい、その志を持った職人を求めています。

製造プロセス

藤井絞株式会社 製造プロセス1

01下絵

絞染のデザインを職人に伝える絵師の仕事です。製造問屋と絵師によってデザインが決められ、型を掘り起こし、布に刷り込むまでを担います。

次の工程
藤井絞株式会社 製造プロセス2

02逆帽子絞り

絞括にもさまざまな種類があります。
絞技術の一つである逆帽子絞りはタコ足のように見える絞が特徴です。絞染の基本は、布地に糸を入れ、絞り上げて整え、染色します。この絞も専門の職人が担います。

次の工程
藤井絞株式会社 製造プロセス3

03京傘巻絞り

絞染技術の一つである京傘巻絞りは糸を交差させずに、らせん状に巻き上げるのが特徴です。これらのような数種類の絞技術を組み合わせ、模様を完成させます。

次の工程
藤井絞株式会社 製造プロセス4

04染め

絞の種類によって染め方も多少変わりますが、基本的には染めない部分を防染してから丸ごと染液につけるという手法を取ります。生地は染め分け職人と染めの職人の間を何回も往復し、色を重ねていきます。

次の工程
藤井絞株式会社 製造プロセス5

05解き・湯のし

括った模様が美しく出ているか、隅々まで綺麗に染まっているかは括った糸を解いてみるまで分かりません。解いた後は120度の蒸気で湯のしをかけて縮んだ布をきれいに伸ばします。

藤井絞株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

各工程をそれぞれの職人が担っています。その集大成が着物や浴衣となります。今後失われていく職人たちの技術を受け継いでいく人材を募集しています。

ものづくりを支える仕事

藤井絞株式会社 ものづくりを支える仕事

京都染色美術協会 所属

京都最高峰の職人技「京友禅」「京鹿の子絞」「京繍」匠の技で創られた「きもの」作品展を毎年開催している美術協会に所属しています。

藤井絞株式会社 ものづくりを支える仕事

京鹿の子絞振興協同組合 所属

室町時代から江戸時代初期にかけて辻が花染として盛んに行われるようになり、江戸時代中期に全盛期を迎えた鹿の子絞りを伝えていく協同組合に所属しています。

藤井絞株式会社 ものづくりを支える仕事

山鉾 北観音山補助

祇園祭で巡航する北観音山の補助会員に所属しています。

藤井絞株式会社 ものづくりを支える仕事

京都市民が残したい建物に認定

京都市民が京都の財産として残したいと思う京都の歴史や文化を象徴する建物として、藤井絞の社屋がえらばれました。

藤井絞株式会社 ものづくりを支える仕事

京都老舗の会 所属

老舗企業が持つ京都特有の経営資産を有効に活用し、京都企業のブランド力の強化と京都の地域経済の活性化を目指す京の老舗の会に所属しています。

藤井絞株式会社 ものづくりを支える仕事

きものアルチザン京都 所属

日本ならではの着姿をつくりあげてきた、京友禅・摺型友禅・京繍・京鹿の子紋・西陣織にたずさわる作り手の集まり「きものアルチザン京都」に所属し、NYのファッションショーで絞染の着物が使われました。

会社概要

事業内容 :絞染、呉服、卸製造
設立 :1915年2月
代表者 :代表取締役 藤井 浩一
所在地 :〒604-8212 京都市中京区新町通六角下ル六角町365
電話番号 :075-221-5504
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ