京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年11月28日

酒井工業株式会社

酒井工業株式会社

地域:南区
業種:32:その他の製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

建築
環境・エコ

我社の仕事

社会資本の充実と整備が進んだ現在、わが国では老朽化した構造物の保守・補強・補修が目下の急務となっております。
弊社は、そうした社会的ニーズに応えるべく、高齢化した構造物の異常をいち早く発見し、培い蓄積した構造物メンテナンスのノウハウをベースとして、適切な処置を施すことで、社会資本の長寿命化の推進に貢献してまいります。

酒井工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

現場の品質とコストで差をつける湿式塗膜除去のための養生材。剥離剤の性能を最大限に引き出す『MAG Panel(マグ パネル)』
MAG Panelとは…磁石を組み込まれたPVCパネルで、MAG工法の核となります。剥離剤が塗布された鋼板に養生し、浸潤を支援します。
塗替工事2度以上の分厚い既設塗膜も一網打…剥離剤と相性が悪い塗膜層を含んでいる塗膜でも全層軟化させ、1工程で塗膜除去が完了します。

酒井工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

従来型の湿式塗膜除去工法では、軟化塗膜が自重で剥がれるなど期待できる外観になることも。だが、いざ剥離したら未浸透の残存塗膜が鋼板にびっしり。従来型工法でおなじみの事例で、数工数かけて塗膜除去完了するほか手がなかった。MAGパックシステム工法では、パネルが軟化塗膜を押し込む(圧着)ことにより、剥離剤が塗膜にムラなく浸潤する。塗膜除去直後にカップワイヤーブラシで磨くと、ほぼ完全な塗膜除去がたやすくできる。産廃量も削減できて環境にも予算にも優しい。なおかつ、最奥部の塗膜軟化で粉塵の飛散が低減でき高品質な施工が可能になります。

製造プロセス

酒井工業株式会社 製造プロセス1

01従来型とMAGパックシステム工法 剥離剤浸潤メカニズム

従来型は塗膜のリフトアップでできた空間層と軟化塗膜の再乾燥が、剥離剤の浸潤を阻害する。MAG工法はパネルが塗膜を覆い押し込み、リフトアップと再乾燥をブロック。阻害要因なく1工程で塗膜除去を完了できる。

次の工程
酒井工業株式会社 製造プロセス2

02剥離剤吹付塗布

塗膜除去施工の開始、湿式塗膜除去のための剥離剤を塗装鋼板面に吹付塗布作業

次の工程
酒井工業株式会社 製造プロセス3

03MAGパネル設置

磁石が組み込まれたPVCパネルで、剥離剤が塗布された鋼板に養生し、浸潤を支援することで、剥離剤の性能を最大限に引き出します。

次の工程
酒井工業株式会社 製造プロセス4

04塗膜剥離中

1週間の長期養生後でも、塗膜が剥離作業に適した軟化状態を維持しているので、膜厚は500µm超で、剥離剤と相性が悪い塗膜層を含んでいる塗料でも全層軟化させ、1工程で塗膜除去が完了する。

次の工程
酒井工業株式会社 製造プロセス5

05塗膜除去施工完了

アンカーパターン内の塗膜も軟化させるため、電動工具での除去時に粉塵がほぼ飛散せず、高品質の施工が可能。

酒井工業株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

橋梁、水管橋等、主に鋼構造物の塗装に関する補修工事の際に公共設備等で使用されています。

ものづくりを支える仕事

酒井工業株式会社 ものづくりを支える仕事

落橋防止(耐震構造)

上部構造の桁と桁を連結したり、桁と下部構造を連結することで大規模地震で予期せぬ大きな変位があった場合に、橋梁上部工の落橋を防止するための耐震構造です。

酒井工業株式会社 ものづくりを支える仕事

塗装張替え工事

鋼橋の腐食を防止し、延命化を図る為、旧塗膜や腐食箇所のサビを除去して、塗替を行います。

酒井工業株式会社 ものづくりを支える仕事

製缶加工

橋梁の補修・補強に関する部材や仮設材等の各種鋼製材料の加工、組み立てをニーズに合わせて行います。

酒井工業株式会社 ものづくりを支える仕事

表彰・感謝状

国土交通省より4年連続「工事成績優秀企業」として認定されました。また、京都府知事表彰を始め多くの自治体様から表彰状、感謝状をいただいています。

酒井工業株式会社 ものづくりを支える仕事

出前講座

橋梁工事を行う地域の小学校で、工事の説明、安全対策等の説明を行い、理解をいただく活動を行っています。

酒井工業株式会社 ものづくりを支える仕事

親睦会

日頃の感謝を込めた、下請企業様表彰とパーティー。毎年趣向を凝らした忘年会など、社員をはじめ下請企業様との親睦を深めています。

会社概要

事業内容 :鋼構造物・コンクリート構造物の点検・補修・製作・据付・非破壊検査、補修用治具製作
設立 :1946年5月
代表者 :代表取締役 仲辻 浩一
所在地 :〒601-8027 京都府京都市南区東九条中御霊町53番地4
電話番号 :075-634-7033
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ