京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年7月18日

関西巻取箔工業株式会社

関西巻取箔工業株式会社

地域:左京区
業種:24:金属製品製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
携帯機器関連
日用雑貨
自動車関連
衣料
食品

我社の仕事

1952年創業。グラシン紙をベースに、ブロンズパウダーを使用した国内初の熱転写箔(ブロッキングホイル)開発の始まり、PETフィルムをベースとした食品包装用印字箔、家電部品や自動車部品、化粧品パッケージ、文具や雑貨に至るまで、あらゆるアプリケーションに対応した熱転写顔料箔の製造・販売を行っております。
早い段階から、環境破壊物質規制(RoHS指令、REACH規制など)に対応した製品づくりを進めており、国内にとどまらず、サプライチェーンのグローバル化に伴い、海外市場での取引が拡大傾向にあります。

関西巻取箔工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

ホットスタンプは「ドライコーティング」と呼ばれる印刷方式で、熱と圧により、フィルムにコーティングされた色彩素材を熱圧着する印刷方式です。
シルクスクリーン印刷やパッド印刷などの「ウェットコーティング」と違い、面倒な調色作業が不要で、作業後の保管が容易。
デザインの一部にワンポイントで用いたり、カラー印刷と組み合わせることで、平面的な印刷物に、デザインの多彩な広がりが生まれます。

関西巻取箔工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

独自のグラビアコーティング技術により、自動車部品や家電部品など、安定性が求められる製品に対応した箔を実現。
またリバースコーティングでは転写箔ならではの肉厚な立体感を表現します。
特徴として
・グラビアコーティング…ドクターブレードで塗装を管理するため、安定した塗膜調整が可能。塗りムラが少ない。
・リバースコーター…熱い塗膜が可能。粘度の低い塗材に適性。

製造プロセス

関西巻取箔工業株式会社 製造プロセス1

01作業工程

基本工程は、ペットフィルムにインクを塗工し、乾燥、巻き取りするものです。
インクの塗工には、2種類の工程があります。

次の工程
関西巻取箔工業株式会社 製造プロセス2

02グラビアコーター

小さな溝のあるグラビアメッシュロールをインキに浸し、余計なインキはドクターブレードで取り除いた上で、溝に入ったインキのみでフイルムに塗工する方式です。

次の工程
関西巻取箔工業株式会社 製造プロセス3

03リバースコーター

フィルムに直接インクを塗工するのではなく、別のロールに一端塗工した後、フィルムに転写する方式です。

関西巻取箔工業株式会社 使われている場所

04どんなところに使われているの?

化粧品パッケージ等、自動車の部品、家電、ケーブルなど、様々な身近な商品に使用されています。

ものづくりを支える仕事

関西巻取箔工業株式会社 ものづくりを支える仕事

営業

展示会などに出展し、積極的な営業活動を行っております。

関西巻取箔工業株式会社 ものづくりを支える仕事

製造

2ラインの機械で、フィルムにインクをムラなくコーティングしております。インクの厚さの調整など、熟練技能が必要です。

関西巻取箔工業株式会社 ものづくりを支える仕事

管理

インクのムラがないか、光を照射し、常にチェックし、高品質の製品を提供しております。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

グラシン紙 | ブロンズパウダー | 熱転写 | PET | ドライコーティング | ウエットコーティング | パッド印刷 | シルク印刷

会社概要

事業内容 :包装用印字箔、熱転写顔料箔の製造・販売業
設立 :1952年(創業)
代表者 :代表取締役 久保 武久
所在地 :〒601-1245  京都府京都市左京区大原戸寺町368番地
電話番号 :075-744-2326
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ