京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年7月13日

飛鳥メディカル株式会社

飛鳥メディカル株式会社

地域:下京区
業種:27:業務用機械器具製造業
50音:ア行

どんなところに使われているの?

医療機器・健康機器

我社の仕事

低侵襲治療、最小侵襲手術といった患者の身体的負担の少ない医療は、いよいよ主流となりつつあります。レーザ医療機器は、そういった、からだにやさしく自在な治療ができるツールとして注目を集め、急速に進んだ技術応用、著しい進歩のもと、医療現場で欠かせない存在として貢献するようになりました。飛鳥メディカルは、そのパイオニアとして、さらに進化する技術を牽引しています。

飛鳥メディカル株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

新世代半導体レーザーシステム ADL-20, DVL20
◆出力20Wの半導体レーザーが、高い操作性とコストパフォーマンスを実現します。
ADL-20は、コンパクトで軽量な半導体レーザー治療用装置です。最大20Wの余裕ある出力で、豊富なオプションとともに処置の幅を広げます。わかりやすく視認性がよいタッチパネルは、正確、確実な操作をサポートし、やさしいデザインで患者さんに威圧感を与えません。コンパクトで電源を選ばないポータビリティは、スペースを選ばず、迅速な治療に貢献します。◆DVL20は、上記内容をペット治療に開発したものです。院内でのもち運びにも簡単に行え、その美しいデザインは、診療の雰囲気をやわらげます。

飛鳥メディカル株式会社 技術者の思い

技術者の思い

レーザー技術が新しい医療を創造するために
レーザ医療は、侵襲が少なくQOLを維持できる身体にやさしい治療手段として、近年、注目を浴びるようになり、多くの医療現場で導入され始めています。多くの患者さんに福音をもたらすことができる - その強い思いから、飛鳥メディカルは、先端医療の一翼を担うスペシャリストとして、レーザ技術を中心とした先端医療機器の研究開発に早くから取り組み、製品の研究開発、製造供給だけでなく、啓蒙普及活動も含め、あらゆるサポートを行うリーディングカンパニーとしての努力を続けてきました。今、飛躍的な進歩を遂げつつある医療技術とともにより多くの人や動物の健康に寄与し貢献できるよう、あらたな技術開発へと、さらに意欲的に取り組んでいきたいと考えています。

製造プロセス

飛鳥メディカル株式会社 製造プロセス1

01設計

医療現場で使いやすく・便利な欠かせない装置を設計・開発します。

次の工程
飛鳥メディカル株式会社 製造プロセス2

02製造

レーザ発生装置本体を組立てます。

次の工程
飛鳥メディカル株式会社 製造プロセス3

03レーザパワー測定

レーザパワーが仕様通りとなるよう測定調整を行います。

次の工程
飛鳥メディカル株式会社 製造プロセス4

04ファイバ加工

レーザ光を導くファイバの加工を行います。

次の工程
飛鳥メディカル株式会社 製造プロセス5

05組立

医療ツールの組立を行います。

飛鳥メディカル株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

医療の現場で当社の商品が使用されています。(獣医用も商品化しています。)

ものづくりを支える仕事

飛鳥メディカル株式会社 ものづくりを支える仕事

製造部門

クリーンルームで製造する工程もあります。

飛鳥メディカル株式会社 ものづくりを支える仕事

サービス部門

医療機器を正しく使用いただくためや・保守点検などを行います。

飛鳥メディカル株式会社 ものづくりを支える仕事

設計部門

最先端技術を追い求めて設計を行っています。

飛鳥メディカル株式会社 ものづくりを支える仕事

購買部門

必要な部品が、必要な時に組立できるように部品手配や在庫管理を行います。

飛鳥メディカル株式会社 ものづくりを支える仕事

総務経理部門

会社全般経理・事務業務を行います。

飛鳥メディカル株式会社 ものづくりを支える仕事

展示会出展

国内外の様々な展示会に出展し当社の技術をアピールし、商談に結び付けています。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

QOL | 侵襲

会社概要

事業内容 :レーザ医療機器の製造販売
設立 :2003年1月27日
代表者 :代表取締役 中村 誠司
所在地 :〒600-8231 京都市下京区油小路通下魚棚下る油小路町288 井筒堀川ビル3F,4F
電話番号 :075-342-5477
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ