京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年10月27日

黄桜株式会社

黄桜株式会社

地域:伏見区
業種:10:飲料・たばこ・飼料製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

食品

我社の仕事

初代松本治六郎が、大正14年に伏見の名水の恵みを生かした酒蔵として創業しました。2代目松本司朗は、進取の精神でマス媒体での広告展開を始め、イメージキャラクターとして「カッパ」が定着しました。また、近代的な酒造工場を完成させ、首都圏を主力市場として全国に販路を拡げました。
黄桜は、お客様に親しみやすく手頃な商品をお届けするだけでなく、日本酒をもっと身近に感じられる場をご提供することで、黄桜への、ひいては清酒文化への理解を深めていただきたいと考えています。

黄桜株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、超特撰 黄桜です。 大吟醸第4回インターナショナル・サケ・チャレンジ 「大吟醸・吟醸の部」において最高賞受賞。
「山田錦」を時間をかけて丹念に磨き、杜氏伝承の手造りによって低温発酵させた大吟醸酒です。豊かな香りと深い味わいをお楽しみください。

黄桜株式会社 技術者の思い

技術者の思い

伝承の技と先進の設備が醸し出す黄桜の味。
高度精白(吟醸酒用)などでの、コンピュータ制御による精米工場の全自動化、酒造りで最も重要な麹造りにおいては蒸米の状態や製麹経過と麹の出来を化学的に解析するなど、近代化された工場内でも、精米の仕上がり具合、浸漬・蒸米の出来具合、麹・酛・醪の状態、醪のとけ具合など、杜氏や伝承の技を受け継いだ技術者たちは、あらゆる工程で厳しい目を光らせています。これらの黄桜らしい雅な味わいは、杜氏を頂点とした人と技術の調和の中で熟成されます。
また、京都初の地ビール「京都麦酒」。大手メーカの製造方法とは異なる、酵母を残し、風味や味わいを構成する様々な成分を生かすために、あえて適度なにごりを残すゆるやかな「ろ過」を行って旨味を残しています。

製造プロセス

黄桜株式会社 製造プロセス1

01精米・洗米・浸漬・蒸し

米をお酒の種類に応じて精米し、白米表面に付着している米糠を取り除くために洗米し、吸水時間の管理を行いながら浸漬し、コメの外側はベタつかず、内側に適度な水分を含む「外硬内軟」に蒸します。

次の工程
黄桜株式会社 製造プロセス2

02麹造り

蒸し米に麹菌を加え米麹を作ります。

次の工程
黄桜株式会社 製造プロセス3

03酛(酒母)・醪造り

仕込み水に米麹、蒸米、酵母を加えアルコールの発酵の母体となる酒母を育て、これを3段階に分けて加え、醪を作ります。

次の工程
黄桜株式会社 製造プロセス4

04充填

仕込み後、約28日間を経た醪を絞ると新酒が出来上がります。後に残ったものが酒粕です。出来上がった新酒は香味の調整と「冴え」をよくするために、ろ過を行った後、ビンに充填します。

次の工程
黄桜株式会社 製造プロセス5

05検査

異物が混入していないかなど、目視や専用の機器で厳重に検査した後、箱詰めされます。

黄桜株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

友達と楽しく飲んだり、一人でじっくり味わったり、料理とお酒を美味しくいただくなどいろいろなお酒の楽しみ方があるかと思います。

ものづくりを支える仕事

黄桜株式会社 ものづくりを支える仕事

営業部門

関西支店では、近畿2府4県の、卸店・小売店・料飲店に対して、自社で製造した清酒・地ビールの販売活動を行っています。

黄桜株式会社 ものづくりを支える仕事

製造部門

黄桜のビール造りは、京都・伏見の地ならではの特長を生かし、手間暇をかけた小規模醸造で作り手の顔が見え、その思いが伝わるものでありたいと考えています。

黄桜株式会社 ものづくりを支える仕事

伏水蔵

日本初!日本酒醸造蔵と地ビール蔵を同時に見学♪酒造りの魅力に触れてみませんか?

黄桜株式会社 ものづくりを支える仕事

ビール製造ライン

伏水蔵内に吟醸酒の製造ラインとビールの製造ラインがあります。

黄桜株式会社 ものづくりを支える仕事

表彰

全国の新酒鑑評会において、多数受賞しています。

黄桜株式会社 ものづくりを支える仕事

カッパ(マスコットキャラクター)

当社のマスコットキャラクターです。皆さんもTV等でおなじみかと思います。

会社概要

事業内容 :清酒・地ビール・焼酎等の製造販売、京料理「祥風楼」・地ビールレストラン「カッパカントリー」・「伏水蔵」等 直営店の経営
設立 :1951年12月
代表者 :代表取締役社長 松本 真治
所在地 :〒612-8046 京都府京都市伏見区塩屋町223番地
電話番号 :075-611-4101
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ