京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年10月10日

Dari K株式会社

Dari K株式会社

地域:北区
業種:09:食料品製造業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

食品

我社の仕事

Dari Kはインドネシアの最高品質カカオ豆を全て自社で調達し、チョコレートを製造しています。
約18,000もの島嶼が点在するインドネシア。その中でも全生産量の7割以上は、バリ島とフィリピンの間に位置するスラウェシ島で生産されています。私たちはスラウェシ島のカカオ生産を変革することによって、チョコレート市場のあり方を変えていきたいと考えています。
Dari はインドネシア語で「~から」という意味になります。また、スラウェシ島を地図で確認すると、アルファベットの「K」の形をしていることに気づくでしょう。つまり、Dari Kという社名には「スラウェシ島から、カカオを通じて世界を変える」という私たちの理念が込められています。さらに、KはKyoto、つまり京都の頭文字Kでもあります。スラウェシ島から。京都から。カカオの可能性を世界に発信してまいります。

Dari K株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

Dari Kの特徴は、手間暇をかけた製法と原料の調達までカバーした生産体制にあります。
「カカオの本来の風味を、より多くの方に味わっていただきたい」その想いで、今日も工房から製品をお届けしています。
カカオ豆を丸ごと一粒包み込んだ「ラジャ」をはじめ、口どけの良いプレーンなガナッシュの「ラトゥ」、自家製ラムレーズンを細かく刻んで練りこんだ「キスミス」、オレンジピールがビターガナッシュと爽やかに調和する「ジュルック」など、いずれもカカオの香りを存分に楽しめるチョコレート・トリュフです。

Dari K株式会社 技術者の思い

技術者の思い

Dari Kのチョコは、日本のほとんどのチョコレート屋さんが使用する既存の加工用チョコレート(クーベルチュール)を一切使用しません。原料からこだわり、カカオ豆を洗うところからチョコ作りが始まります。原料にこだわるのは美味しいチョコができるからだけでなく、生産地をより豊かにするためです。美味しいチョコレートを届けるのはもちろん、カカオ農家の所得向上やカカオを通した国際協力のプロジェクトを行うのがDari Kの最大の特徴であり、本当の意味で原料にこだわる所以です。

提供:Dari K株式会社

製造プロセス

Dari K株式会社 製造プロセス1

01カカオ豆の輸入

あらかじめ注文した高品質なカカオ豆は、インドネシアから海を渡り植物検疫と輸入食品手続きを経て合格すれば晴れて輸入の完了。
遠路はるばるやってきたカカオ豆はこんな麻の袋に入ってきます。

次の工程
Dari K株式会社 製造プロセス2

02焙煎(ロースト)

発酵されたカカオを良く洗浄し、焙煎の工程に入ります。直火で炒ったりオーブンの熱風を利用したりと焙煎方法もいくつかありますが、Dari Kでは主にオーブンで豆を炒ります。
洗浄した後に天板に広げたカカオ豆はこんな感じです。

次の工程
Dari K株式会社 製造プロセス3

03殻むき

細かな温度調節と共にローストされたカカオ豆のうち、半分程度は手で殻を剥いていきます。香ばしい匂いに包まれながら美味しいチョコレートを作るために愛情こめて剥いていくと、黒い光沢を帯びた豆が出てくるのです。

次の工程
Dari K株式会社 製造プロセス4

04粉砕・ペースト化

手で剥かない残りの半分は、手動式のミルで挽いていき、カカオ・ニブと呼ばれる粗い破片になります。含まれるカカオバターの特性を利用して熱と共にペースト状にしていき、これを濾して晴れてカカオ100%のとっても滑らかで光沢のあるカカオ・ペーストの出来上がり!

次の工程
Dari K株式会社 製造プロセス5

05チョコレートへ

外見は美味しそうなチョコレートでも、味はまだまだ苦くて酸味も利いていてチョコレートとは大違い。試行錯誤を重ねて完成させたレシピに基づきこのペーストを美味しいチョコレートへと変化させていき、口どけも良くとっても美味しいチョコレートたちが完成します。

Dari K株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

【カカオ豆だけで仕上げたカカオマス】
弊社の商品やチョコの原料となるカカオマス、カカオ豆は全国のチョコレート店、バー、主要百貨店でも販売しております。昨年は海外にも輸出し、カカオをインドネシアの特産物とすべく奮闘しています。

ものづくりを支える仕事

Dari K株式会社 ものづくりを支える仕事

本店

2011年の創業時から日々多くのお客様にご愛顧いただき、売切れ次第終了の人気店舗となっています。

Dari K株式会社 ものづくりを支える仕事

祇園あきしの店

2013年10月2日オープンの新店舗です。祇園の老舗割烹「あきしの」の協力により、八坂神社のふもとから世界へ向けてDari Kの美味しさをお届けします。

Dari K株式会社 ものづくりを支える仕事

催事

Dari Kのチョコレートは全国百貨店の催事などでもご購入いただくことができます。

Dari K株式会社 ものづくりを支える仕事

チョコレート展

読売TVさんから依頼を受け、京都代表ショコラティエとして「チョコレート展」に参加。チョコ展オリジナル商品も展開します。

Dari K株式会社 ものづくりを支える仕事

オンラインショップ

オンラインショップでも人気チョコレートたちを販売。日本全国へ配送しています。

会社概要

事業内容 :カカオ豆/カカオマスの輸入・卸チョコレートおよび菓子の製造・販売、上記に付随する食品・健康食品などの企画・製造・販売
設立 :2011年3月11日
代表者 :代表取締役  吉野 慶一
所在地 :〒603-8205 京都市北区紫竹西高縄町72-2
電話番号 :075-494-0525
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ