京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

用語集

HACCP(ハセップ)

Hazard(危害)Analysis(分析) and Critical(重要) Control(管理) Point(点)の略。日本語ではハサップまたはハセップと呼ばれ、食品製造・加工の工程のあらゆる段階において発生する恐れのある気概をあらかじめ分析し、それを最も効率よく、より安全な製造ができる対応措置や基準をあらかじめ設定する衛生管理システムのこと。

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point-日本語読みハサップ、またはハセップ)は 食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因(ハザード;Hazard)を分析しそれを最も効率よく管理できる部分(CCP;必須管理点)を連続的に管理して安全を確保する管理手法こと。

一覧へ戻る

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 英字
  • 数字
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ