1. 京都ものづくり企業ナビ
  2. 企業名検索
  3. 土肥板金工業株式会社

土肥板金工業株式会社

地域 山科区
業種 24:金属製品製造業
50音 タ行

の仕事

私たち土肥板金工業株式会社は、その名の通り板金加工を行っている会社です。
板金加工とは、とても簡単に言うと「金属の板材を切ったり、穴を開けたり、曲げたり、溶接したりして、ひとつの製品をつくる加工」のことです。
当社が作っている板金は、①建物用の板金(ビルや商業施設など)②製缶板金(機械のフレームなど)③アンティーク調のインテリア金物の大きく
3種類に分けられます。
皆さんにとってはあまり馴染がないかもしれませんが、実は、超高層商業ビルの内部にも、高速道路の「作業中」と書かれた大看板のフレームにも、焼肉屋さんの鉄板にも当社の板金製品が使われているんです!!

自慢の逸品

皆様に好評を頂いています、『キャンドルホルダー』です。
手の平サイズの大きさなので、机の上にはもちろんのこと、どこにでも置いて頂けます。
又アンティークなイメージを出すため、錆加工をしております。明かりとアンティークなイメージがマッチして、雰囲気がさらにアップするんですよ。

技術者の思い

弊社では最新の設備はありません。職人の技術を第一としています。そのため、単品の複雑な加工を得意としています。機械には負けない職人技で加工方法がわからないお客様の要望に答えています。
そして、お客様の短納期の仕事にも対応しています。最近では納期の無い仕事で、難易度の高い仕事が多くなっているのですが、弊社の技術で対応しています。「図面の無いものでもカタチにします。」と言う想いをモットーに製品加工を行っています。
  1. レイアウト構成

    インテリア加工の場合、図面が無い場合が多く、お客様と入念な打ち合わせをします。
  2. 加工

    ステンレスの材料を寸法にカットします。
  3. 溶接

    曲げた後、溶接にて接合していきます。
  4. 完成品

    溶接の後をヘアーラインに仕上げて完成です。

どんなところに使われているの?

デザイン学校の生徒様からのご依頼で作成した椅子です。展示会があり多くのお客様から高い評価を頂いたようです。
  • 設計

    熟練工がお客様のご要望にお応えするため、念入りな打ち合わせをしながら設計をします。(写真は、後ろに写っている、百貨店に取り付けるスライド式手すりの改良版製作のために、重要な打ち合わせをしている風景です。)

  • デザイン

    土肥板金工業のインテリア加工で得意なものは、
    アンティーク調に仕上げることです。
    新しいデザイン、製品でありながらもどこか落ち着きを感じる・・。そんな製品をお届けしています。

  • 事務

    土肥板金工業のものづくりの様子や得意分野等を皆様に知ってもらえるように、ブログや雑誌等を通して情報を発信しています。(写真は、「日本の逸品、にっぽんの凄技」という雑誌で、弊社の商品が掲載されています。)

会社概要

事業内容 ステンレス・アルミ加工 / 建築金物加工 / 機械金物加工 インテリア・什器製作
設立 1950年
代表者 代表取締役 土肥秀則
所在地 〒607-8232 京都府京都市山科区勧修寺福岡町320
電話番号 075-502-4611