1. 京都ものづくり企業ナビ
  2. 企業名検索
  3. 石川染工株式会社

石川染工株式会社

地域 南区
業種 11:繊維工業
50音 ア行

の仕事

弊社は、昭和53年に古都京都で創立以来、ランジェリー等にお使いいただくレース染色分野で「レースの染色なら石川染工に出せば間違いない」と、取引先から高い評価をいただいております。小ロットの染色や、短納期の対応、そして長年の経験より培われた職人たちの確かな染色技術で現在のお客様のニーズに対応できるように努力しております。

自慢の逸品

石川染工では、熟練の職人の確かな技術と長年の勘による目視で、色を合わせていきます。
そのため、微妙な色の調整も可能です。
染色機も液流噴射式染色機を17台、手染釜を12台備えていますので、染色即日対応といった急な納期の対応も可能です。
また小ロット・サンプル商品への対応も行っております。

技術者の思い

我社の強み
◎染色技術が優れ、染色堅牢度試験合格率が高い
◎顧客のニーズにあった染色(微妙な色調整ができる)
◎抜色染色ができる、染替染色でレースの再利用可能
◎液流噴射式染色機17台、手染釜12台と充実してるので染色即日対応可能
◎小ロット、サンプル商品への対応可能、細かい色直し可能
◎化学繊維全般の染色
◎レースの仕上がりの美しさ、目視による検品力の高さ
  1. 綛(かせ)

    綛(かせ)とは染色の前工程として、原糸を綛の状態に巻き取る「綛取り」が必要になります。綛取りは、一定の大きさの綛枠(かせわく)に、糸を一定回数だけ巻き付けて、そして商品を抜き取るという方法で行います。
  2. 色合わせ

    熟練の職人の確かな技術と長年の勘による、目視で色を合わせて行きます。 だから微妙な色の調整も可能です。
  3. 手釜染

    手釜染12台を揃えており、小ロット、短納期の対応も可能です。
  4. 機械染

    液流噴射式染色機 17台 を揃えており、優れた染色で、堅牢度合格率の高さにも自信があります。
    PL法に基づき、薬品などの安全管理(安全管理シート入手)にも十分に注意を払っております。
  5. 乾燥・仕上げ・検品

    商品染色後、乾燥します。乾燥後、織り傷、染めムラなどの有無を目視で検品しながら、丁寧にアイロンを掛け、手作業で仕上げていきます。
    仕上がりの美しさと検品力の高さはこの作業から生まれます。

どんなところに使われているの?

インナー、ランジェリーの付属レース・アウター、洋服のアップリケ・靴下・かばん等
  • 手釜染

    染液にレースをつけて染色棒を手で回して色をつける。色のつき具合を見極めながら回すのがポイント。

  • 液流噴射式染色機

    機械の中に染液とレースをいれて動かし色を付ける。勘による染料の配合が決め手になります。

  • エコテックス規格100の取得

    この規格は、有害物質の影響をなくすことを目的とし、繊維の全加工段階における原料、半製品、最終製品に適用される世界的に統一された試験・認証システムです。

会社概要

事業内容 ランジェリーなどのレース染色加工仕上げ
設立 1979年10月
代表者 代表取締役会長 石川 勇
所在地 〒601-8162 京都府京都市南区上鳥羽塔ノ森柴東町29番地の2 
電話番号 075-661-9227