1. 京都ものづくり企業ナビ
  2. 企業名検索
  3. 株式会社山城工芸

株式会社山城工芸

地域 京田辺市, 山城
業種 32:その他の製造業
50音 ヤ行

の仕事

山城工芸は1962年に創業し、表彰楯やトロフィーの製造販売、オリジナルTシャツやエコバッグのスクリーン印刷などを手がけています。
我々の仕事はカスタマイズビジネスです。大量生産の既製品を作ったり販売するのではなく、使う人、贈る人、受け取る人の思いや願いを商品に刻んだり印刷したりします。人が人に気持ちを伝えるお手伝い。それが我々のミッションです。

自慢の逸品

当社は、現在表彰楯の主流になっている圧縮材を使った楯を、日本で初めて考案した会社です。それまでの表彰楯は無垢の木材を使用したもののみで、製作日数が長い、反りや割れの恐れがある、価格が高い、色目・木目にばらつきがあるなどの問題点がありました。その欠点を補えるものが圧縮材だったのです。
弊社が世に送り出した楯は瞬く間に業界の主流となり、現在ではほとんどの表彰楯が圧縮材を使用したものになっています。

技術者の思い

世の中にはあまり知られていませんが、表彰用品業界は様々な素材に彫刻や印刷、転写などの名入れをするノウハウが一番集まっています。また、各々の技術の専門業者はありますが、当社のように様々な加工を総合的に扱っている会社はほとんどありません。お客様の希望するコンテンツを木や金属、アパレル、アクリル、陶器、紙、革など、どんなものにも名入れやマーキングができるのが当社の強みです。
  1. レーザー加工工程

    楯のネームや文章をレーザー彫刻機で彫刻します。
  2. 楯組立工程

    楯につけるレリーフやプレートなどを手作業で取り付けます。
  3. シルク印刷工程

    Tシャツ・エコバックなどの記念品・贈答品にシルク印刷を行います。多色刷りなど多彩な印刷も可能です。
  4. シート熱圧着工程

    ゼッケンなどを素材に熱圧着する機械です。素材・、圧着するシート材質により、熱・圧力・時間を調整し、製作します。

どんなところに使われているの?

日本全国、様々な表彰式で我々の製品が使われています。
  • シルク印刷部門

    Tシャツ・エコバックなど、オリジナル商品へのシルク印刷は、近年、注力している商品です。

  • 表彰楯部門

    レーザー彫刻を使用して製作する、オーダーメイド表彰楯・各種表彰用品・記念品の製造は、我社の主力商品です。

  • シート熱圧着部門

    ゼッケンなど、シートをカットして、ユニフォームに熱圧着する作業も行っており、野球・サッカーチームからの好評を頂いております。

  • 社会貢献

    表彰の文化を広める目的で、学校に表彰楯を寄贈するプロジェクトを続けています。学期末に出席率優秀者や学力テストの成績優秀者を表彰するなどの使い方をされている学校もあります。

会社概要

事業内容 表彰用品・オリジナル記念品製造販売、スクリーン印刷・各種マーキング加工
設立 1988年6月 (1962年4月創業)
代表者 代表取締役 田村 信夫
所在地 〒610-0343 京都府京田辺市大住大欠3-1
電話番号 0774-62-1613