1. 京都ものづくり企業ナビ
  2. 企業名検索
  3. 有限会社田仲鉄工

有限会社田仲鉄工

地域 山科区
業種 24:金属製品製造業
50音 タ行

の仕事

創業以来58年にわたり、京都にて鉄鋼・非鉄金属加工ならびに真空・圧力・容器の設計製造等を行っています。労働省第一種圧力容器製造許可をはじめ、様々な資格・免許を保有しており、これまでに培った技術力と町工場の気合と根性でオンリーワン企業を目指します。

自慢の逸品

写真は、製品の周辺に人が映り込んでいる為に、そこから製品の大きさがわかると思います。鉄鋼、非鉄金属などを使用した大型の製缶や容器の設計、製造を行っています。丸型製缶商品の場合は、板をロール機にかけて、板を徐々に曲げながら既定の直径となるように曲げていきます。このように大型部品であるために、最終的な寸法精度を出すには、熟練された技術が要求されます。また写真のように、製缶品に別部材を組み込む場合、製缶部の穴あけ形状精度が要求されます。そして、溶接などを行い、商品として組み上げていきます。

技術者の思い

当社の製品は、大物製品が多く、溶接部分も多岐にわたります。且つ真空容器や圧力容器などの場合は気密性などを要求されるため、多岐にわたる溶接を安定して行う必要があります。この溶接の安定性に関しては、当社の技術力、ノウハウをフルに活用して仕上げています。
  1. 部品加工

    旋盤加工、フライス加工などを用いて、部品を準備し、仮組します。
  2. 溶接

    当社の得意とする溶接を行い部品同士を組み付けます。気密性を要求される場合は、特に注意を要します。
  3. 仕上げ

    溶接後の表面状態をきれいにします。
  4. 機械加工

    寸法精度が要求される場合は、組立後に旋盤加工、フライス加工、ねじ切り加工等の機械加工を行う場合もあります。
  5. 最終検査

    水圧・空圧での溶接漏れ検査、寸法検査を行います。密閉できない製品についてはカラーチェックを行う場合もあります。

どんなところに使われているの?

自動車業界、工作機、組立機などの産業機械等様々な用途に使用されています。
  • 工場内①

    主に大型商品を扱うために、天井も高く、広いスペースがあります。

  • 工場内②

    工場内を反対側から撮影したものです。組立中の商品は撮影できないために、その周辺部の雰囲気です。

  • ロール機

    製缶するときに、このロール機にかけ、板状のものを円形上に仕上げていきます。

  • ラジアルボール盤

    大型穴あけ機です。

  • 事務所

    会社全般の、営業事務、経理などを行います。

  • 親睦

    定期的に親睦行事を開催しています。仲間意識が強い会社です。

会社概要

事業内容 鉄鋼・非鉄金属加工、真空・圧力・容器設計製造、製缶・板金、鋼構造物施工 等
設立 1959年4月1日
代表者 代表取締役社長 田仲 暢
所在地 〒607-8464 京都市山科区上花山久保町37番地
電話番号 075-591-1012