1. 京都ものづくり企業ナビ
  2. 企業名検索
  3. 市橋精機株式会社

市橋精機株式会社

地域 山科区
業種 24:金属製品製造業
50音 ア行

の仕事

当社は、超精密切削加工を中心に電子部品用途の金型・治工具の製造や、電子部品業界で培った技術を打錠機用金型杵・臼に応用し、各種表面処理等を用途に合わせ提案し、高性能の製品を提案しています。その他、粉末成形用の小型プレス(打錠機)等の設計・製造・販売をしております。

自慢の逸品

写真は、フルオート打錠試験機です。量産ではなく、試験的な錠剤作成から小ロット生産、実験用生産に特化した製品を設計・製造しています。

技術者の思い

当社では耐久性能、離型性能等に優れたCRN(クロムコーティング)、TINコーティング(チタンコーティング)を打錠金型では国内で初めて採用したパイオニア企業です。製品精度は言うまでもなく、安全性・環境にも配慮した製品開発をおこなっています。現在では金型だけでなく、その金型を使用する装置の開発にも力を入れています。
  1. 設計

    図面をいただく場合もありますが、概略の仕様のみで注文をいただく場合があり、その様な時には、当社にて設計提案を行います。
  2. 機械加工

    マシニングセンタ、NC旋盤などで加工を行います。
  3. 研削加工

    研削加工を行い、より平滑な面に加工します。
  4. 仕上げ

    特殊な治工具にて仕上げ加工を行います。

どんなところに使われているの?

様々な業界に精密金属加工で、治工具・金型・試作部品等をを提供しています。また、わかりやすい事例としては、薬などの錠剤などの製造に使用されています。
  • 機械加工エリア

    マシニングセンタ、NC旋盤などを多数設置しています。

  • 放電加工エリア

    マシニングセンタ、NC旋盤などでは、加工が難しい加工をワイヤ放電加工機などで行うエリアです。

  • 仕上げ加工エリア

    品質を左右する最終の仕上げ加工エリアです。

  • 検査エリア

    仕上がり状況が問題ないか最終検査を行うエリアです。

  • 試験エリア

    お客様がサンプルを持込んでの試験や、当社の金型の仕上がり状況などを試験するエリアです。

会社概要

事業内容 精密金具 冶工具 機械部品製造
設立 1940年3月
代表者 代表取締役 市橋 清太郎
所在地 〒607-8028 京都市山科区四ノ宮岩久保町17-3
電話番号 075-581-2044